国立温泉湯楽の里へ赤ちゃん幼児の子ども連れで銭湯へ行った!

スポンサーリンク

湯楽の里3

この記事では乳幼児連れで東京都国立市にある銭湯、国立温泉 湯楽の里に行った体験をご紹介します。

大きなお風呂に入りたいけれど、赤ちゃん連れでお風呂に行ってもいいところなのか、心配ですよね。

今回実際に行って来ましたのでご紹介いたします。

また、入館料金や休館日、手ぶらでOK!?情報もありますので、良かったら参考にしてみてください。

スポンサーリンク

国立市にある湯楽の里はどんなところ?赤ちゃんは入れる?

東京都国立市にあります。

公式ホームページにありますが、年齢による入場制限はありません。

スポンサーリンク

国立温泉 湯楽の里 子連れで行くための情報

中はスーパー銭湯といった感じで、広く、綺麗です。

中にはお休み処、ゲームコーナー、エステ、リラクゼーションチェア、漫画、雑誌などゆっくりできる仕様になっています。

赤ちゃん連れでしたので、のんびり漫画を読んだり寝たり、ということはありませんでしたが、ゆっくりとお風呂を満喫しました。

脱衣所には無料の鍵付きロッカーがあります。

タオルについて|販売あり

持参するのがオススメですが、忘れた場合は販売もしています。

レンタルタオル70円、貸しバスタオル130円。館内着は160円です。

シャンプー類について|設置あり

シャンプー、リンス、ボディーソープが無料で使えます。

自分のシャンプー類を持って来るのも可です。

浴槽について

お風呂は内風呂には炭酸泉白湯など、露天風呂には展望露天風呂ジェットバス寝転び湯があります。

特に展望露天風呂は展望というだけあって景色が良かったです。

晴れていれば富士山も遠望できるとのことです。

食事、飲み物について|レストランあり

食事処が入っています。

定食、麺類、甘味に加えキッズメニュー(プレートやカレー、麺類など)も充実したラインナップです。

飲み物は自動販売機で販売しています。

牛乳、コーヒー牛乳、フルーツ牛乳などもあります。

スーパー銭湯だけあってたくさんの種類がありました。

スポンサーリンク

国立温泉湯楽の里の店舗情報|料金やアクセス・駐車場情報など

住所・電話番号・HP URLアドレス

住所:東京都国立市谷保3143-1「フレスポ国立南」内

TEL:042-580-1726

HP:

東京都国立市の天然温泉施設「国立温泉 湯楽の里」
東京都国立市の天然温泉施設「国立温泉 湯楽(ゆら)の里」。天然温泉の露天風呂やバリエーション豊富な屋内風呂を初め、美容施設やお食事処、お休み処など、ご家族からお一人様まで、一日を通して大変楽しめる施設となっております。

入館料金&営業時間&休館日

【休館日】

年に数回メンテナンスで休みになる日があるそうです。

【営業時間】

9:00〜深夜1:00

【入館料金】

大人(中学生以上)820円 土・休日・特定日→930円

子ども(0歳から小学生以下)410円 土・休日・特定日→510円

駐車場&アクセス情報

湯楽の里1

フレスポ国立というモール内にありますので、そちらの駐車場があります。無料です。

広いので停めるのには困らないと思います。

最寄駅はJR南武線「矢川駅」と多摩モノレール「万願寺駅」で、そこから徒歩15分です。

スポンサーリンク

国立温泉湯楽の里で、景色を楽しみながらお風呂でゆっくり

いかがでしたでしょうか。

料金設定が0歳からという記載でしたので赤ちゃん連れでもOKなんだと安心して来館することができました。

中は広くて綺麗で、家族連れも多く、ゆっくりとお風呂を満喫できました。

 

赤ちゃんや小さい子連れで銭湯やお風呂に行っても良いものか、迷ってしまいますよね。

赤ちゃんと幼児の子連れで実際に行ってきた銭湯やお風呂たちをまとめた記事を書きましたので、良かったらこちらもチェックしてくださいね。

東京関東【子連れでお風呂】銭湯まとめ!赤ちゃん幼児とお風呂に行こう
こちらのページでは、赤ちゃん、幼児子連れで実際に出かけた銭湯についてまとめ、一覧にした記事を書いています。 大きなお風呂に入りたいけれど、赤ちゃん連れでお風呂に行ってもいいところなのか、心配ですよね。 たまには温泉や銭湯でゆっくりし...

 

一応お尻を清潔にするなどできる限り気をつけて、周りへの配慮を忘れずに、いつも家事育児でお疲れのパパ、ママ、大きなお風呂を是非楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました