埼玉県浦和・湯屋敷孝楽に乳幼児赤ちゃん子連れでお風呂に入った!

スポンサーリンク

湯

この記事では乳幼児子連れで埼玉県さいたま市浦和区にある銭湯、湯屋敷孝楽に行ったことをご紹介します。

大きなお風呂に入りたいけれど、赤ちゃん連れでお風呂に行ってもいいところなのか、心配ですよね。

今回実際に行って来ましたのでご紹介いたします。

また、入館料金や休館日、駐車場情報もありますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

浦和にある銭湯、湯屋敷孝楽はどんなところ?

埼玉県浦和にあります。

露天風呂あり。お子様大歓迎との記載あり!!

貸し部屋もあり、家族連れで利用されたりするようです。

岩盤浴もありますが、乳幼児連れでは利用しませんでした。

スポンサーリンク

孝楽 子連れで行くための情報

湯屋敷孝楽2

おむつ替えスペースについて

更衣室内にベビーベッドあり。

オムツが捨てられるゴミ箱もありました。

タオルについて|有料レンタルあり

持って行くのがオススメですが、忘れた場合はこちら。

レンタルタオル(バスタオル、フェイスタオル)200円

レンタル館内着 200円

手ぶらセット(バスタオル、フェイスタオル、館内着)370円

シャンプー類について|設置あり

リンスインシャンプー、ボディーソープがありました。

販売はあります。

食事、ごはんについて|レストランあり

館内レストランあり。

定食、麺類に加え、ソフトクリームなどもありました。

自動販売機もたくさん設置されていました。

瓶の牛乳もあります(^ ^)

スポンサーリンク

孝楽の店舗情報|料金やアクセス・駐車場情報など

住所・電話番号・HP URLアドレス

住所:埼玉県さいたま市浦和区元町2-18-12

TEL:048-678-1126

HP:

スーパー銭湯 湯屋敷 孝楽|さいたま市。北浦和駅近く。
さいたま市のスーパー銭湯「湯屋敷 孝楽」では、露天風呂、内風呂の他にマッサージ、お食事処、アカスリ、カットサロンなど様々な設備が整っております。

入館料金&休館日

【休館日】

第3水曜日(2・8月は除く)

【営業時間】

10:00〜25:30(最終受付は24:00)

【料金】

平日

大人(中学生以上)600円

子供(小学生以下)300円

幼児(3歳以上)200円

土日祝

大人(中学生以上)700円

子供(小学生以下)350円

幼児(3歳以上)250円

3歳未満は無料。

乳幼児のお子様にはベビーチェアの貸し出しサービスあり!

湯屋敷孝楽3

駐車場&アクセス情報

駐車場無料。100台。1Fが駐車場で2Fが入口です。

湯屋敷孝楽1

エレベーターにて

スポンサーリンク

湯屋敷孝楽は赤ちゃん連れでお風呂を満喫できた!

いかがでしたでしょうか。

赤ちゃん連れ大歓迎なんて珍しいと思います。

小さい子連れだと肩身が狭く、周りの目が気になるので、お風呂でこういった施設があるととても嬉しいです!

埼玉県の遊び場としてこちらのブログでご紹介しているものに、大宮にある鉄道博物館や、武蔵丘陵森林公園などがあります。

よろしければこちらの記事もチェックしてみてくださいね!

鉄道博物館に関する記事はこちら↓

大宮の鉄道博物館に赤ちゃん幼児子連れで!ランチはどこで?駐車場情報など
大宮にある鉄道博物館に赤ちゃんと幼児を連れて楽しんできました!電車好きの子にはぴったりであることはもちろんのこと大人でも十分楽しめます。小さい子向けのスペースがあったり授乳室などもありますので赤ちゃん連れでも快適に過ごせました。

武蔵丘陵森林公園に関する記事はこちら↓

埼玉の国営武蔵丘陵森林公園での赤ちゃんと幼児子連れでの楽しみ方!
国営武蔵丘陵森林公園は赤ちゃん・子連れで楽しめる自然いっぱいのスポットです。授乳室やオムツ替えスペースもあり子連れはとても快適に過ごせます。ランチには園内のレストランや売店などもあります。大規模なものも含め、多くの種類の遊具もあるため子供は一日中思いっきり遊ぶことができそうです。

 

赤ちゃんや小さい子連れで銭湯やお風呂に行っても良いものか、迷ってしまいますよね。

赤ちゃんと幼児の子連れで実際に行ってきた銭湯やお風呂たちをまとめた記事を書きましたので、良かったらこちらもチェックしてくださいね。

東京関東【子連れでお風呂】銭湯まとめ!赤ちゃん幼児とお風呂に行こう
東京エリアにある銭湯、スーパー銭湯などのお風呂に、私が実際に赤ちゃん、幼児の子どもを連れて行ってきたところを紹介しています。基本子どもOKな所に行っています。中の様子や持ち物についてなどパパママ目線で書いています。良かったら参考にしてみてください。

 

一応お尻を清潔にするなどできる限り気をつけて、周りへの配慮を忘れずに、いつも家事育児でお疲れのパパ、ママ、大きなお風呂を是非楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました