三島スカイウォークに赤ちゃん幼児子連れで行ってきた!遊べるスポットはある?

スポンサーリンク

三島スカイウォーク4

こちらの記事では静岡県にある三島スカイウォークに行って体験したことをご紹介します。

日本一の大吊橋と謳われている通り、日本一長い歩行者専用吊橋です。

日本一長い吊橋から日本一高い富士山日本一深い駿河湾が一望できるスポットです。

行ってはみたいけれど赤ちゃんを連れていっても大丈夫か?どんなところにあるのか?など子連れだと心配ですよね。

赤ちゃん、幼児を連れ、実際に行ってきたのでご紹介します。

また、駐車場情報なども合わせて明記しておきましたので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

三島スカイウォークってどんなところ?

全長は400mもあり、橋の上からはスリルと素晴らしい眺望を楽しむことができます。

橋の北エリア南エリアでは色々なアクティビティやショップなどが設立されており、様々な楽しみ方ができます。

また、各季節ごとにイベントも多く催されているようです。

スポンサーリンク

三島スカイウォークの基本情報|営業時間やチケット料金、アクセス・駐車場情報など

住所・電話番号・HP URLアドレス

住所:静岡県三島市笹原新田313

TEL:055-972-0084

HP:

日本最長 富士を望む大吊橋 三島スカイウォーク
日本最長400mの人道吊橋「三島スカイウォーク」。伊豆と箱根の中間に位置する観光施設です。橋の上から見える絶景をお楽しみください。

営業時間と入場料金について

【営業時間】

9:00〜17:00

年中無休

【入場料金】

大人 1000円

中高生 500円

小学生 200円

幼児は無料です。

上記の料金で吊橋の往復ができます。

季節ごとに行われるイベントなどで、そちらとのセット券なども販売されていますので、そちらを利用した方が安くなる場合などもあります。

私たちがチケットを購入した時には、受付の人がコレとコレを利用するならこっちが安いので大人はコレで、子どもはコレで…と、パパッと計算してくれて、親切でした!

駐車場&アクセス情報

【車】

駐車場は無料で400台完備です。

駐車場があるところが南エリアになります。

【電車やバス】

JR「三島駅」からタクシーで約20分。

バスでも約20分です。

スポンサーリンク

【三島スカイウォーク】中で遊べるところはどこがあるか&子連れが知っておきたい情報

最初に駐車場やバス停のある【南エリア】

メインである【橋の様子】

橋を渡った先にある【北エリア】について、子どもが遊べるスポットはどんなところがあるのかについて

それぞれ説明します!

南エリア

スカイガーデン SKY GARDEN|中でゆっくり

こちらはエスカレーターを上った先にある、お土産やさんや軽く食べられるフード、ドリンクなどが売っているショップが集まった施設です。

多少席もあって、そちらで座ってゆっくりすることもできます。

天井にはいっぱいに花が広がっています。

三島スカイウォーク9

中央に席が設けられていて、周りにショップがある感じです。

三島スカイウォーク10

ギフトショップ

伊豆や箱根などのお土産がいっぱい売っています。

森のキッチン|レストラン

三島の食材を利用したメニューが食べられるレストランです。

オリジナルであるみしまコロッケも売られています。

SKYWALK COFFEE|ソフトクリームがオススメ

コーヒーショップです。

こちらではソフトクリームが売られていて、私たちが行った時には暑い時期だったこともあり、行列ができていました。

この写真はたまたま行列がありませんが。。(^^;)

三島スカイウォーク3

橋の様子|長ーーい!そして高い!

南エリアゲートでチケットを購入したら、いよいよ橋を渡ります。

その前に南エリア展望台もありますので、まずこちらもチェック!

橋は基本左側通行です。

三島スカイウォーク5

しっかりとした造りの橋は、揺れないかと思いきや 実はわざと揺れるようになっているそうで、スリルをお楽しみくださいとのことです…!

確かに微妙にゆらゆらと揺れ、下はアミアミでスケスケなこともあり、ちょっとした緊張とともに渡りました。

この日はあいにく富士山を見ることができませんでいたが、それでも普段見ることのできない美しい景色を堪能しました。

三島スカイウォーク6

それにしてもなかなか対岸に着かず、長い。。と思いました。(^^;)

橋の横にはロングジップラインのロープが張られていて、時々シャーッと人が宙を飛んでいきます。そちらを見るのも楽しかったです。

北エリア

三島スカイウォーク8

北エリアにはアクティビティが色々あります。

ただし、アクティビティというだけあって 赤ちゃんや小さな子にはちょっと難しいものも多いです。

赤ちゃん、幼児連れでは、森の散策展望台などでも充分楽しめると思います。

Kicoroの森|卵を見つけながら…

自然の中をお散歩。

小さなタマゴ(Kicoro)が路にたくさんあって、それを見つけるだけでも子どもは楽しそうでした。

三島スカイウォーク11

あじさい小道|散歩道を楽しめる

一万株の紫陽花が咲き誇る散策路。

ゆっくりとお散歩が楽しめます。

他には…|ちょっと大きな子には

以下のアクティビティは、もう少し大きくなってから楽しみたいと思います!

ロングジップスライド

大吊橋の横を、往復することができます。

ラインが二本あるので、二人同時に滑走できるようです。

三島スカイウォーク7

フォレストアドベンチャー

樹の上に設立されたアスレチックです。

なかなかアクロバティックなコースのようです。

期間限定イベント|盛りだくさん

私たちが来場した時に行われていたイベントでは、スタンプを集めてクイズを楽しむスタンプラリーや、動いて音も出る恐竜が展示されているエリアなどがありました。

なかなか迫力があります。

三島スカイウォーク12

これらのイベントは小さな子どもたちには楽しかったようで、散策路を歩きながらスタンプを押したり写真を撮ったりととても楽しんでいたようです。

最後には缶バッジや絵葉書セットなどの景品ももらえ、大満足していました。

これらは開催される期間が決まっていたようでしたが、このようにまた時期によって各イベントが行われるのではないかと思います。

ベビーカーでも渡れちゃう

ベビーカーで渡ることが可能です。

また、500円でベビーカーの貸し出しもしています。

おむつ替えスペース&授乳室について

ラグジュアリートイレ内にあります。

南エリアにあるラグジュアリートイレは建設費2億円ということで、とても豪華なトイレになっています。

三島スカイウォーク1

女性トイレには日本庭園が設けられていて、とても広く綺麗です。

パウダールームも綺麗↓。すごい椅子。

三島スカイウォーク2

私たちは利用しなかったのですが、授乳室は北エリアの「ツリーツリーツリー」にあるようです。

スポンサーリンク

三島スカイウォークでドキドキ感と絶景を

いかがでしたでしょうか。

所要時間はだいたい一時間から一時間半といったところでしょうか。

メインの橋の他にも、美しい自然の中でお散歩や、大きくなったらアクティビティなど、なかなかガッツリと楽しめる観光スポットだったと思います。

高所恐怖症でなければとてもオススメです。

都内からは少し距離がありますので、やはりお泊まりで行くのが可能性が高いかもしれません。子連れでのオススメホテルがこちらの「ホテルサンバレー伊豆長岡」です。↓

ホテルサンバレー伊豆長岡は赤ちゃん幼児の子連れに快適でオススメのホテル
こちらの記事では実際に赤ちゃん、幼児の子連れで泊まったホテルについてご紹介しています。 小さな子連れでのお泊まりは、ホテルがお子様歓迎という感じなのか、施設などは子供や赤ちゃん向けに整っているのか、何を用意していけばいいのかなど心配事...

また、同じエリアで、日本三大清流の一つである柿田川始まりの公園「柿田川湧水公園に赤ちゃん、幼児子連れで遊びにいった記事もありますので、よろしければあわせてご覧ください!

エメラルドグリーンの湧水は神秘的で美しく一見の価値アリだと思います。↓

日本三大清流柿田川湧水公園に赤ちゃん幼児子連れでお散歩!絶景!
こちらの記事では静岡県にある柿田川湧水公園に行って体験したことをご紹介します。 日本三大清流の一つとされ、一級河川である柿田川はこの公園内から湧き出しています。 一年中こんこんと湧き出る美しい水は、なんと一日70から100万トンにも...

せっかくなのでお泊まりで!という方へ、私がよく使っているのは楽天トラベルです。遠くから来る人はホテルのチェックなどに使ってみてください。

この記事が、読んでくださった皆様とお子様にとって、ステキな休日にする参考になれば、とても嬉しいです!

ありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました