東京ディズニーランド幼児子連れで!アトラクションは何に乗れる?

スポンサーリンク

TDL1

こちらの記事では東京ディズニーランドに行ってきて体験したことをご紹介します。

子連れで行っている人はいっぱいいるでしょうが、実際に小さい子を連れていくにあたって一体どのアトラクションに乗れるのでしょうか?

パークは広いので、その場所まで行って乗れなかったら疲れちゃうし残念ですよね。

先にどんなアトラクションに乗れるかチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

東京ディズニーランド基本情報

住所・電話番号・HP URLアドレス

住所:千葉県浦安市舞浜

TEL:0570-00-8632(東京ディズニーリゾートインフォメーションセンター)

HP:

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。

入園料金

1デーパスポート

大人 7400円

中人(12-17才) 6400円

小人(4-11才) 4800円

3歳以下無料

他には2デーチケットやランドとシーを行き来できるチケットなど色々な種類があります。

チケットに関する公式HPのページはこちら

東京ディズニーリゾート・オフィシャルウェブサイト
東京ディズニーリゾートでは、遊ぶこと、泊まること、食べること、ショッピング、すべてがエンターテイメント!東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの2つのテーマパークを中心とした滞在型テーマリゾートです。

 

また、ベビーカーについてや迷子シールについてなど、子供連れでディズニーランドに行く方向け情報の記事をまとめてみました。

良かったら参考になさってください。

https://carameltrips47.com/blog/disneyseainfo-baby/
スポンサーリンク

ディズニーランドで赤ちゃんが乗れるアトラクションは?

さて赤ちゃんでも乗れるアトラクションというのは結局何があるのでしょうか。

アトラクションにも色々制限があるものがあります。

小さな子と一緒でも楽しめるアトラクションは下記のようになります。

ただし一人でおすわりができるか、できないかによって多少変わりますので、そちらも合わせて明記します。

【】はエリアの名前で・はアトラクションの名前です。

【ワールドバザール】
  • オムニバス
  • ペニーアーケード
【アドベンチャーランド】
  • ウエスタンリバー鉄道
  • ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション
  • スイスファミリー・ツリーハウス
  • 魅惑のチキルーム:スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”
  • △カリブの海賊(補助なしでも一人で座れること)
【ウエスタンランド】
  • カントリーベア・シアター
  • 蒸気船マークトゥエイン号
  • トムソーヤ島いかだ
【ファンタジーランド】
  • アリスのティーパーティー
  • イッツ・ア・スモールワールド
  • シンデレラのフェアリーテイル・ホール
  • ホーンテッドマンション
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • △キャッスルカルーセル(補助なしでも一人で座れること)
  • △白雪姫と七人のこびと(補助なしでも一人で座れること)
  • △空飛ぶダンボ(補助なしでも一人で座れること)
  • △ピノキオの冒険旅行(補助なしでも一人で座れること)
  • △ピーターパン空の旅(補助なしでも一人で座れること)
  • △プーさんのハニーハント(補助なしでも一人で座れること)
【トゥーンタウン】
  • グーフィーのペイントペイント&プレイハウス
  • チップとデールのツリーハウス
  • トゥーンパーク
  • ドナルドのボート
  • ミニーの家
  • △ロジャーラビットのカートゥーンスピン(補助なしでも一人で座れること)
【トゥモローランド】
  • スティッチ・エンカウンター
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター
  • △モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”(補助なしでも一人で座れること)

上記のうち、△は3歳未満でも乗れるアトラクションですが、一人でおすわりができることが条件となるので完全なる赤ちゃんだとまだ難しいなあというアトラクションです。

ヨチヨチと歩くことができて座れるくらいになれば△も行けるかな、という感じです(^_^)

では上記のアトラクションが実際どんなものなのか、軽く説明して行きたいと思います。

スポンサーリンク

ディズニーランドで乳幼児が乗れるアトラクションはどんな感じのものか

主にどんなものなのか分かりやすくご紹介したいと思います。

 

【ワールドバザール】
  • オムニバス:二階建てのバス。プラザを一周。
  • ペニーアーケード:外国のアンティークな感じのゲームセンターみたいな感じです。ゲームや占いなど小銭で楽しめます。
【アドベンチャーランド】
  • ウエスタンリバー鉄道:蒸気機関車でアドベンチャーランドとクリッターカントリー、ウエスタンランドを一周します。約15分の乗車時間です。
  • ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション:船型のライドに乗ってジャングルの中を進みたくさんの動物(本物ではありませんが)を見ることができます。途中で暗いところに入ります。
  • スイスファミリー・ツリーハウス:木に作られた家を自分の足で探検して回るアトラクションです。
  • 魅惑のチキルーム:スティッチプレゼンツ”アロハ・エ・コモ・マイ!”:鳥や花などたちが歌うショーです。スティッチが一緒に出ています。
  • △カリブの海賊(補助なしでも一人で座れること):船型のライドに乗って水の上を進みます。ほとんど暗いし骸骨などもいます。序盤の方で少しだけ落下する部分があるので怖がる子もいるかも。
【ウエスタンランド】
  • カントリーベア・シアター:シアタータイプのアトラクションで、18頭のクマさんたちが演奏してくれます。
  • 蒸気船マークトゥエイン号:3階建ての船です。
  • トムソーヤ島いかだ:丸太のいかだに乗ってトムソーヤ島まで移動できます。
【ファンタジーランド】
  • アリスのティーパーティー:いわゆるコーヒーカップ
  • イッツ・ア・スモールワールド:船型のライドに乗ってゆっくり移動。「こどものせかい」をたくさんの世界の衣装を着たお人形が歌って踊る。が、今はリニューアル工事中。
  • シンデレラのフェアリーテイル・ホール:シンデレラ城の中に入ってシンデレラのストーリーの品々を見学できます。写真を撮ると仕掛けがあったりします。
  • ホーンテッドマンション:最初に少し歩き、その後ライドに乗って移動します。お化けの話なのでほぼ暗いですが急な動きみたいなのはありません。
  • ミッキーのフィルハーマジック:3Dメガネをかけて楽しむシアタータイプのアトラクションです。
  • △キャッスルカルーセル(補助なしでも一人で座れること):メリーゴーランドです。
  • △白雪姫と七人のこびと(補助なしでも一人で座れること):トロッコのようなライドに乗って勝手に進みます。小さな子を連れて行くと、怖い魔女が出てきますが大丈夫ですか、とアトラクションに乗る前に言われるくらい8割くらい怖い内容でした。魔女の顔が怖いです。
  • △空飛ぶダンボ(補助なしでも一人で座れること):ダンボに乗ってくるくると回ります。
  • △ピノキオの冒険旅行(補助なしでも一人で座れること):トロッコのようなライドに乗って勝手に進みます。内容は少し怖いお部屋もあります。(ピノキオがサーカスに売られてロバになりそうになったりする内容のため)
  • △ピーターパン空の旅(補助なしでも一人で座れること):船型のライドに乗って空中から下を見下ろしているような内容になります。怖くはありません。
  • △プーさんのハニーハント(補助なしでも一人で座れること):途中ぴょんぴょん跳ねたりするせいか妊婦さんや抱っこで乗ることができません。プーさんの夢の中に入る、というとき、部屋が暗いせいか夢の中でカオスの内容だったせいか、後ろに座っていたちびっこがコワイヨーと号泣していました。
【トゥーンタウン】
トゥーンタウンは小さい子向けのものがほとんどです。
このエリアはファミリー、ちびっこでいっぱいです。
  • グーフィーのペイントペイント&プレイハウス:グーフィーのお部屋の中がシアターに映されていて、一面を自由にペンキ発射装置を使って色を塗る、というお話です。
  • チップとデールのツリーハウス:チップとデールのお家というコンセプトで木をモチーフとした建物の中を自分で歩いて探検します。
  • トゥーンパーク:公園に置いてある動物の置物みたいな感じです。それをくぐったりよじ登ったりして遊ぶ感じです。
  • ドナルドのボート:ボートの中を自分で歩いて探検する感じです。
  • ミニーの家:ミニーちゃんのお家の中を見て遊べます。
  • △ロジャーラビットのカートゥーンスピン(補助なしでも一人で座れること):ぐるぐると回る車型のライドに乗ります。自分でハンドルを回すとさらに回ることができます。
【トゥモローランド】
  • スティッチ・エンカウンター:ゲストがスティッチと直接お話ができるというシアタータイプのアトラクションです。キッズベンチがあって、その時の入り具合によって前の方が子供専用のベンチになったりします。
  • バズ・ライトイヤーのアストロブラスター:動いているライドに乗って光線銃を使ってシューティングを楽しみます。点数はもとより、光線銃を持っているだけでも楽しいかも。
  • △モンスターズ・インク”ライド&ゴーシーク!”(補助なしでも一人で座れること):勝手に動くライドに乗って懐中電灯で照らしながら進みます。うまくモンスターを照らすことができるとアクションが起きます。こちらもファミリーが多く、人気ですごく並びます。
スポンサーリンク

東京ディズニーランドは幼児も乗れるアトラクションがいっぱい!

いかがでしたでしょうか。

先にどんな乗り物に乗れるのかチェックしておくと現地で悩まなくて安心ですよね!

せっかくなのでお泊まりで!という方へ、私がよく使っているのは楽天トラベルです。遠くから来る人はホテルのチェックなどに使ってみてください。

この記事が、読んでくださったお子様と皆様にとって、ステキな休日にする参考になれば、とても嬉しいです!

ありがとうございました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました